旅行保険

Sonomi - 2005/09/15(Thu) 12:30 No.236
病院にかかる費用は、単純な風邪で外来へ1回行ってお薬をもらう程度なら$100くらい、入院すると10万円単位/1日、骨折等重傷を負うと100万円単位、救急車を呼ぶと$200~300/1回です。治療費用がいくら必要なのかは、個人の判断というかご家庭ごとに考え方が違うと思う。

カード附帯はお子さんもカバーしてくれるものなのかしら? 以下はそれを前提に。
うちは疾病・傷害治療費200万限度で「まーいいか」の判断です。これは被保険者(とくにお子さん)の日頃の行動パターン(動き回ってケガしやすいか、親の監督下から抜け出そうとするか否か、お熱を出しやすいタイプか、お子さんの年齢など)によって満足度合いは違ってくるのでは。幸いにも?息子は外では常に親のそばから離れないタイプなので、ケガの心配は小さかったし、高熱も年に1~2度。なのに、どーしてハワイへ行くたびお熱を出したの???(今でも不思議) そんなこんなで、息子の場合は保障金額上限が低くてもOKでした。

カード付帯をメインに考えて不足額を個人加入(ばら掛け)するという手もありますから、ご主人とも相談されてご家庭として納得行く金額を加入されては?
「ばら掛け」はジェイアイ傷害火災の「組合せフリータイプ」だと
http://www.jihoken.co.jp/ji/ovfreonl.html (たまたま私のブックマーク)
携行品保障や救援者費用はカード付帯に十分な金額がついていればそれ以上は必要ないですよね。組合せフリータイプでは必要なものだけに掛け金を支払うので、携行品保障はカットできます(セットプランではカットできない)。諸々保障項目を検討してカード付帯に足りないもの(金額)だけを選んで加入していけば保険料はスリムになります。


レインボウ - 2005/09/15(Thu) 13:05 No.237
Sonomiさん、かぶってしまってすみません。
バラ掛け旅行保険って、会社によって
傷害治療をかけないと疾病治療をかけられないものとか(ジェイアイはこれ)
死亡保障をかけないと、治療保障をかけられないものとか
あるんですよねー。何ででしょうね。

で、うちは、子供の死亡保障は要らない、
傷害治療は最低限(=カード付帯程度)でいい、と踏んだので
そうすると損保ジャパンしか、思うように掛けられないんですよ。
(過去ログとかぶっていたらすみません)
本当に何でかしら? それが各保険権会社の商品の個性というもの?


Sonomi - 2005/09/15(Thu) 13:35 No.239
ほんと、どーしてなんでしょうねぇ。
保険をかける時もそうなんだけど、実際保険金請求してみても各社違うんですよ。必要書類とか審査にかかる時間、こちらへの問合せ電話などなど・・・・渋いところもあれば、あっさり払ってくれるところもあって。ほんと、いろいろです。お安いにはお安いわけがあるもので、その部分をどう納得(理解)するか、ではないかと 保険金請求して感じてみたり。金額と対応の釣りあいが取れていればベストだけれど、対応なんて実際に保険を使う事態にならない限りわからないものね。考え始めると奥の「深過ぎる」問題かも(苦笑)


まさき - 2005/09/16(Fri) 01:17 No.253
我が家の保険は必要最小限しか掛けない方です。カード付帯の保険に子供の分だけ少し余分に掛けるくらいです。現地の緊急の費用が保険の範囲外だったり限度を超えるような場合、その場での支払い能力が必要になるので、持っていくカード全部の上限金額をアップしておきますよ。上限無しのカードを持ってる時はいいのですが、そうでなければ数十万とか百万ちょっとの限度額では、心もとないので旅行期間中は目一杯、上げてもらいます。保険が利かなくとも万一の場合、カードで支払いができれば、治療は受けられますからね。
もう手続きは、されているかもしれませんね。もしされていなければ、1週間あればまだできると思うので、カード会社に問い合わせてみてください。
保険はあくまでも支払いの負担軽減だけの話ですから、ケガや病気にならないのが一番ですからね。体調を整えて出発を迎えてください。
安心を沢山集めて、楽しい旅行にしてくださいね。

  • 最終更新:2008-03-06 10:54:07

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード