機内持込手荷物  2007.03.01より新ルール

2007年3月1日より
国際線航空機内への液体物持込に関し、以下の制限が始まります。

19_m_0.jpg

液体物(ジェル及びエアゾールを含む)を手荷物として客室内に持ち込む際の制限であり、受託手荷物(航空会社カウンター等で預けるスーツケースなどの手荷物)には適用されない。

○    あらゆる液体物は、100ml以下の容器に入れる。
 (100mlを超える容器に100ml以下の液体物が入っている場合でも不可。
  液体物の中には、練り状物、半固形状物mジェル状のもの(歯磨き、ヘアジェル等)、
  エアゾール、スプレーなども含まれる)
○    それらの容器を再封可能な容量1L以下の透明プラスチック製袋に余裕をもって入れる。
○    旅客一人当たりの袋の数は一つのみ。
 (そのプラスチック製袋を、検査場において検査員に提示しなければならない。
  袋の大きさはおおむね縦横20cm×20cm程度)
○    医薬品、ベビーミルク/ベビーフード、特別な制限食等については、適用除外。
 (液体物の機内での必要性について照会されることがある。
 その場合、処方箋、病名等がわかる医師の診断書等を示す。
 ベビーフード、ミルクの持込は乳幼児が一緒に搭乗する場合に限る。
 機内使用分については、プラスチック袋に入れなくても持ち込み可能)
○    手荷物検査を効率的に実施するため、
 上記プラスチック袋及びラップトップコンピューター等電子機器はバックから取り出し、
 上着類は脱いで別々に検査員に提示。
○    保安検査後の免税店等で購入した酒類等は機内持込が可能。
 しかし海外で乗り継ぐ場合は、その国のルールに従い没収される可能性有り。
 (これを避けるため、保護袋に封入することなど(併せて免税品店等で購入したことを示す書面(レシート等)が求められる)の措置を施した免税品等を適用除外にすることについては、今後、欧米等関係国と相互に承認可能となった段階(2007年7月を目途に免税品の取扱いや恒久的な対応策について検討する予定)で導入予定)

参考URL
日本旅行業協会 (プリントアウト用PDFファイル、ワードファイルあり)
フリーバード   (これが一番わかりやすいかも)


[2225]Re: 機内持込荷物 Sonomi - 2006/11/14(Tue) 08:09 No.2225
機内持込荷物に関する判断は、検査官やその時々の状況で変わっています。できましたら事前にご利用になる航空会社へ直接お問合せ下さいませ。
直接問合せておけば、現場で苦情を言うこともできます。私や他皆さんの判断ではその判断が違っていても苦情の持って行き先がないですよ。精神衛生に悪いです(^_^;)

CO  日本地区コールセンター(東京23区内)03-5464-5050 
                    (東京23区外)0120-24-2414 
    月~金8:30~18:30 土・日・祝日8:30~17:30


[2226]Re: 補足 Sonomi - 2006/11/14(Tue) 08:30 No.2226

空港のHPにも記載あり

  • 最終更新:2008-03-06 11:06:43

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード